素晴らしすぎる筋肉美が魅力!人気コスプレイヤー・倉地那侑/なゆぺたに“コミケの魅力”を直撃インタビュー|芸タメ

2018年08月05日

素晴らしすぎる筋肉美が魅力!人気コスプレイヤー・倉地那侑/なゆぺたに“コミケの魅力”を直撃インタビュー

1: 名無しさん 2018年08月05日 08:00:04 ID:0.net

素晴らしすぎる筋肉美が魅力!人気コスプレイヤー・倉地那侑/なゆぺたに“コミケの魅力”を直撃インタビュー

8月10日(金)〜12日(日)にかけて、東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット94(略称:コミケ94)」。世界最大規模の同人誌即売会であり、大型コスプレイベントとしても知られるコミケには、毎回、魅力的なコスプレイヤーが大勢参加し、話題を集めている。

【写真を見る】ハイレベルな倉地那侑(なゆぺた)さんのコスプレ写真を一挙に掲載!

そんなコミケ94に参加予定の人気コスプレイヤー・倉地那侑さん(以下、愛称のなゆぺたで表記)に、コミケの魅力を直撃!数あるコスプレイベントの中でも、コミケとはコスプレイヤーにとって、どのような位置づけのイベントなのか?リアルな意見を聞かせてもらった。

――なゆぺたさんは、コスプレイヤーのマネジメント事業を展開するブランド「L'erable(レラブル)」に所属され、仕事としても“コスプレ”に取り組まれていますが、そもそもどういった経緯で、コスプレを始められたのでしょう?

なゆぺた:中学生のとき、地元の友だちに誘われて、同人誌即売会に遊びに行ったのがきっかけです。せっかくだからコスプレをして参加しよう…となったんですけど、コスプレの知識はないし、衣装やウィッグを買うお金もなくて。私服をアレンジして、何となくそのキャラクター風に見せる格好で参加したのが、初めてのコスプレ体験ですね。

――本格的なコスプレに挑戦するようになったのは、いつ頃からですか?

なゆぺた:地元ではコツコツとコスプレをしていたんですけど、上京してからはアルバイトと学校で忙しくて、なかなかできなくなってしまって…。就職してからは、金銭的にも少し余裕が出てきたので、「池袋ハロウィンコスプレフェス2014」の頃から、またコスプレを始めるようになりました。

――衣装は毎回、ご自身で作られているのですか?

なゆぺた:チャレンジはしているんですけど、失敗が多くて…。余裕をもって作り始めても、失敗続きで結局間に合わなくて、既製品をちょっとアレンジした衣装で済ませる…ということが多いですね。

友だちは「作り続ければ、そのうち上手くなるよ」と言ってくれるんですけど、ぜんぜん上達しなくて。なので、自分で衣装を製作されている人は、本当にすごいなと思います。

――なゆぺたさんは“素晴らしすぎる筋肉美”を誇るコスプレイヤーとしても有名ですが、それはもしかして、衣装製作が苦手な分、体を鍛えた結果…ということですか?

なゆぺた:そんな感じです(苦笑)。よく、どんなトレーニングをしているのか聞かれるんですけど、ぜんぜん大したことはしていなくて。ジムにも通っていなくて、自宅で空き時間に、筋トレをしているくらいですね。もともと筋肉が付きやすい体質なんですよ。

――Twitterなどでアップされている、筋肉を強調したお写真は、どれも迫力があって見入ってしまいますね。

なゆぺた:本当は、カワイイ系のコスプレ写真でも評価してほしいんですけど、筋肉系の写真をアップしたほうが反応が良くて…。

普通はカメラマンさんに「かわいく撮ってください」とお願いするところを、私の場合は「顔よりも筋肉がきれいに写るように撮ってください」とお願いすることのほうが多いですね。写真のクオリティは半分以上、カメラマンさんのテクニックのおかげです。

――コスプレイヤーとして知名度が上がったのも、筋肉美によるところが大きい…ということでしょうか?

なゆぺた:そうだと思います。それ以外だと、全身鎧やゾンビのコスプレをしたときも、評判は良かったですね。普通のコスプレでも、それくらい見てもらえると嬉しいんですけど。

――変わり種のコスプレにも、果敢に挑戦される姿勢は素敵だと思います!ところで、コスプレイベントといえば、どれだけ念入りに準備をしても、何かしらトラブルが起こるのが常ですが、そうした事態に備えて、いつも持ち歩いている小道具はありますか?

なゆぺた:アイテープですね。イベントの最中に、汗でテープが取れてしまうことがあるんですけど、目元が崩れると、それだけでキャラクターの雰囲気が大きく変わってしまうので、いつでもすぐに直せるように持ち歩いています。

それと、大きいイベントに参加する際は、スマートフォンの充電器も欠かせないですね。自撮り写真をアップしたり、友だちと連絡を取ったりしていると、すぐにバッテリーが減ってしまうので、携帯充電器は手放せないです。

■コスプレイヤーがコミケに参加する目的とは?

――数年前まで、コスプレというと“オタク文化の象徴”といった捉えられ方が一般的でしたが、この1〜2年で風向きも変わり、従来よりも幅広い層に受け入れられるカルチャーになってきたように思います。こうした昨今の、コスプレを取り巻く環境の変化について、率直なご意見を聞かせてください。

なゆぺた:コスプレが仕事として成り立つようになった一方で、「あくまでも趣味として楽しむもの」という考え方も根強くあって。どちらの考えも分かるし、片方だけが正しい…というものでもないので、時代の変化を受け入れながら、自分なりの“コスプレとの接し方”を見つけ出していくしかないですね。

私自身も、もともとは友だちといっしょに“併せ”を楽しんでいたのが、いつの間にか、カメラマンさんに撮っていただくことが多くなり、フォロワーさんとの交流イベントも開くようになって。いまだに、「なゆぺたさんのファンです」とか言われると戸惑ってしまうんですけど、仕事として取り組む以上、少しずつ慣れていくしかないですね。

――そうした世の中の流れを受けて、昨今では全国で、大小さまざまなコスプレイベントが定期的に開催されていますが、その中でコミケとは、コスプレイヤーにとって、どのような位置づけのイベントなのでしょう?

なゆぺた:友だちとの交流を楽しんだり、カメラマンさんに撮ってもらうことを目的に参加する人もいれば、この日のために頑張って作ってきたコスプレROMや写真集を、大勢の方に見てもらいたい…という人、そして、コミケで注目されて有名になりたい…という人もいて。考え方はバラバラですけど、やっぱり皆、「自分のコスプレの出来栄えを評価してほしい」という気持ちが強いと思うんですよ。

造形にこだわったものから、かわいさを追求したものまで、あらゆるジャンルのコスプレイヤーが集まる中で、自分のコスプレとはいかほどのものなのか?“コミケ=コスプレを客観的に評価してもらえる場所”として捉えている人は、結構いると思います。

■コスプレイヤーありきのゲーム開発に興味津々

――続きまして、なゆぺたさんが所属されている「L'erable」での活動についてもお聞きしたいと思います。コスプレイヤーのキャスティングをはじめ、インフルエンサーとしての商品PR、メディアプランニング、新規商品・イベント企画のプロデュースなどが主な事業内容…とのことですが、なゆぺたさん自身は同ブランドにおいて、今後やってみたいことはありますか?

なゆぺた:夢に近いレベルですけど、最初からコスプレイヤーありきで、アニメやゲームの企画立案に参加できたら楽しそうですね。キャラクターのビジュアルも、ちょっとだけレイヤーに寄せてもらったり。

かわいいレイヤーさんはいっぱいいるので、競争が激しそうだけど、筋肉系のキャラクターなら、私も声を掛けていただける可能性が高いかな…なんて、考えています(笑)。

――筋肉系の女性キャラとなると、なゆぺたさんの独壇場ですね!ちなみにこれは、個人的に興味のある質問なのですが、この夏、もし時間ができたら、行ってみたいお出かけスポットはありますか?

なゆぺた:L'erableの皆でプールに行く予定です。それと、少し先になりますが、紅葉の季節になったら、温泉旅行にも行ってみたいですね。もし、旅館に許可してもらえたら、温泉でコスプレ写真も撮ってみたいんですけど、たぶん難しいでしょうね。

――貴重なご意見ありがとうございます。それでは最後の質問になりますが、ご自身にとってコスプレイヤー“なゆぺた”とは、どのような存在ですか?

なゆぺた:特に気にしてはいなかったんですけど、お仕事としてコスプレに取り組むようになってからは、素の自分とは別の存在として意識するようになりました。

イベント出演時の言動や、Twitterにアップする写真1枚をとっても、それがきっかけでクライアントにご迷惑をお掛けするようなことになってはいけないので、常に気を張っているといいますか。仕事モード…というわけではないけど、それに近しい存在ですね。

――それでは夏コミにも、緊張感を持って参加されると?

なゆぺた:コミケはサークル参加なので、お仕事のときよりリラックスしていると思います。コスプレエリアにも遊びに行くつもりなので、参加予定の方がいらっしゃいましたら、ぜひ写真を撮っていただけると嬉しいです!よろしくお願いします!!(東京ウォーカー(全国版)・ソムタム田井)

2: 名無しさん 2018年08月05日 08:05:00 ID:5022c218

0

通報する

コスチュームプレイといった言葉が使われるようになって、もう、かれこれ30年くらいになるんですかね?飯島真理さんの出てたマクロス(初代)関連の番組で初めて知りましたが…近年、すごく発展しましたよね。文化になってる。
地方在住の40過ぎたばかりのオッサンですが、痛いとか言われるかもですが、正直嫌いじゃないです。でも見てみたくとも周りにないんだよなぁ…

good0 good0

3: 名無しさん 2018年08月05日 08:08:00 ID:bb200dda

0

通報する

太ももがたまらんです!

good0 good0

4: 名無しさん 2018年08月05日 08:35:00 ID:44d084bf

0

通報する

音声さん。

good0 good0

5: 名無しさん 2018年08月05日 09:14:00 ID:b5eae732

0

通報する

シノンのヘカートは自前?

good0 good0

名前 :
http://geitame.com/