『演歌の乱』で“本物”の歌唱力が話題に、演歌歌手によるJ-POPカバーが若者に響いた理由|芸タメ

2018年10月08日

『演歌の乱』で“本物”の歌唱力が話題に、演歌歌手によるJ-POPカバーが若者に響いた理由

1: 名無しさん 2018年10月08日 08:40:00 ID:0.net

『演歌の乱』で“本物”の歌唱力が話題に、演歌歌手によるJ-POPカバーが若者に響いた理由
昨年末に放送された『演歌の乱』(TBS系)が、9月25日に再び特番として放送され、大きな反響を巻き起こした。演歌歌手が紅白に分かれ、安室奈美恵や浜崎あゆみ、米津玄師などJ-POPのヒット曲を歌った同番組。SNSでは、普段演歌に親しみのない若者たちが、その歌唱力に圧倒されたとツイートした。演歌歌手の歌声は、なぜ多くの若者の琴線に触れたのか?その反応から、今こそ求められる“本物感”を探る。

【写真】安室の曲を熱唱、紅白にも出場した美人演歌歌手・丘みどり

■「歌唱力がハンパない!」、演歌歌手が歌うJ-POPに若者から大反響

昨年12月、特番として第1弾が放送された『演歌の乱』。藤あや子が宇多田ヒカルの「FirstLove」を、走裕介が秦基博の「ひまわりの約束」を歌うなど、演歌歌手がJ-POPを歌うことで注目を集めた。それぞれが演歌特有の歌いまわしを抑えて奮闘するなか、芸歴43年の細川たかしはサザンオールスターズの「いとしのエリー」を“たかし節”そのままに熱唱。笑いを誘いながらも大きな話題となった。

9月25日には、その細川をMCに迎えて再び特番『演歌の乱〜ミリオンヒットJポップで紅白歌合戦SP〜』が放送。ここでは、2017年に『NHK紅白歌合戦』に初出場した丘みどりが安室奈美恵の「CANYOUCELEBRATE?」を、同じく紅白歌手・市川由紀乃が浜崎あゆみ「SEASONS」を、大御所・角川博がSEKAINOOWARI「RPG」を披露した。SNSでは、「演歌歌手の方ってすごい!」「もっと聴きたい」「歌唱力がハンパない!」と、彼らの歌唱力を絶賛するツイートが続々。普段は演歌に馴染みのない若者たちでも、よく知るJ-POPを通して演歌に触れたことで、その歌唱力の高さがしっかりと伝わったことを実証した。

■なぜ演歌に親しみのない若者に響いた?意外性あるJ-POPカバーが興味を喚起

演歌といえば、どうしてもファンは年配層に限られ、若者に広がることは難しいのが実情。聴く機会といえば、それこそ『NHK紅白歌合戦』などに限られるのではないかと思われる。そんな中、『演歌の乱』はなぜここまで若者からビビッドな反応を引き出すことができたのか?

功を奏したのは、やはり若者がよく知るヒットソングを演歌歌手がカバーするという意外性であろう。「あのヒット曲を演歌歌手が歌うって、一体どうなるの?」と興味を引き、好奇心を呼び起こした。そしてフタを開けてみれば、演歌歌手の圧倒的な歌唱力に驚かされる結果に。視聴前は、“怖いもの見たさ”や“お手並み拝見”的に観ていた人もいただろう。だが、それが見事に返り討ちにあったことで清々しい感動を生み、SNSで絶賛の嵐が巻き起こったのだろう。

■修行に裏打ちされた“本物感”、「演歌において“歌が下手でも売れる歌手”はいない」

演歌歌手によるカバーが素晴らしかったとはいえ、もちろん元曲を歌うJ-POP歌手に実力がないわけではないし、その曲がミリオンヒットしていることからも大きな支持を集めたことは確かだ。だが、今回ここまで絶賛を集めた理由は、やはり演歌歌手の並々ならぬ歌唱力にある。SNSでは「本物の歌唱力に感動した」という声もあった。どちらも“魅力ある歌声”であることは疑いないのに、視聴者が感じた“本物感”とは何なのだろうか。

「演歌歌手が歌が上手いのは当たり前」と語るのは、長年多くの演歌歌手たちを取材してきたライター・永井淳氏だ。

「もともと演歌は、民謡や浪曲、詩吟出身者が歌ってきたこともあり、“芸事”として受け継がれている。修行を積んで、きちんと歌唱力をつけるのが必須なんです。また、キャバレーやクラブで歌い鍛えてきた方もいますが、双方とも歌が上手くなくてはやっていけない。演歌において、“歌が下手でも売れる歌手”というのはいないです」

「上手いことが大前提」という厳しい世界で勝ち残ってきた演歌歌手。では、J-POP歌手との違いはどこにあるのだろうか。

「J-POPは歌唱力だけでなく、そこに込められたメッセージで人気が出る部分もある。ほかに、個性やパフォーマンス、ファッション、キャラクターも大きな要素です。その点で演歌は、メッセージやその他の要素が一番にくることはない。やはり歌唱力、表現力での勝負になりますし、伝統的なスタイルなので、突飛な個性は敬遠される。そこがJ-POPと演歌の大きな違いでしょう」

長年の住み込み修行や、全国行脚などで研さんを重ねてきた演歌歌手。“個性”ではなく“歌唱力”一本勝負であることが、明快であり厳しい世界でもある。そんな彼らの万人に響く歌が、元曲のほうに馴染みのあったはずの若者をも魅了したのは確かだろう。

■徳永ゆうきが歌った「Lemon」が再浮上、年配層へもJ-POPをアピール

『演歌の乱』における反応は、何も“若者による演歌歌手の絶賛”ばかりではない。弱冠23歳の演歌歌手・徳永ゆうきが歌った米津玄師の「Lemon」が25日の放送を受け、オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング(10/8付、集計期間9/24〜9/30)で2位と再浮上を果たしたのだ。

「Lemon」はもともと2月に配信を開始、100万ダウンロードを記録するなどロングヒットしたJ-POPソング。今年の『オリコン上半期デジタル音楽ランキング』シングル部門では、1位に輝いた。主に若者を中心に幅広い層が支持したが、ここまで浸透しきった(ダウンロードされきった)はず曲が、徳永の歌唱をきっかけに新たな購買層を開拓したことになる。『演歌の乱』でカバーされなければこの曲を知らなかった人、“演歌側”から入った年配層もいただろう。

このように、同番組は若年層に演歌歌手の凄みを知らしめたと同時に、年配層などにJ-POPの名曲を教える結果にもなった。世代間の音楽文化の断絶を双方向でつなぎなおした、意義のある音楽番組のように思う。

■国民的ヒットが減った現在、批判多くとも“本物”は受け入れられる

国民的ヒットがなくなったと言われる昨今。音楽特番が放送されれば、SNSやネットでは、アーティストたちの歌唱やパフォーマンスに何かと批判が起こることも少なくない。だが、今回の反応でわかるとおり、それがJ-POPであろうと演歌であろうと、人を感動させる歌声であれば素直に絶賛されることが証明された。一般の人が自由に意見を発信できる現在だからこそ、ツッコミどころのない“本物”こそが評価されていると、捉えることもできるだろう。

前述の永井氏は、「演歌は伝統文化ではなく、もともとは流行歌だった。それを高齢層だけに向けていては市場が閉じてしまう。なんとか打開しないといけない現状で、『演歌の乱』は若者にも入り口を作る素晴らしい番組だった」と評価する。

どうしても、“過去のもの”“高齢者のもの”と思われがちな演歌。だが、“本物”が求められる今だからこそ、そこに再び耳を傾ける価値がおおいにあるのではないだろうか。

2: 名無しさん 2018年10月08日 09:02:00 ID:38e5f2a4

0

通報する

歌唱力は確かに大事やしそれをステージで生で聞けるって最高の醍醐味。やけど歌唱力だけと違う魅力がある中居みたいに味があって好きなファンもおる。だからその醍醐味が味われへん生の声じゃない口パクはダメだと思うし本気でやめてほしい。

good0 good0

3: 名無しさん 2018年10月08日 09:03:00 ID:86478e74

0

通報する

歯が黄色い。手入れしてください。ヤニの影響なのか?

good0 good0

4: 名無しさん 2018年10月08日 09:03:00 ID:86478e74

0

通報する

演歌に限った事ではない。
歌謡曲全盛期の沢田研二や西城秀樹らの歌唱力や表現力の高さを知っている世代なら、何を歌わせても上手かったのは覚えているはず。

だから口パクにはウンザリするし、本物の歌声を聴くことに飢えている。

good0 good0

5: 名無しさん 2018年10月08日 09:14:00 ID:8339d451

0

通報する

歌唱力も髪型もすごい

good0 good0

6: 名無しさん 2018年10月08日 09:18:41 ID:0948a721

0

通報する

たんなるカラオケ番組かと思ったら大間違い!

Jポップの方は「メッセージを伝えたい」と言いながらも
リズムやメロディー重視で言葉が聞き取れないから
初聴では理解できない。結局固定層にしか伝わらない。

演歌の歌い手さんは本当に「言葉」を大切に歌うから
今回の市川さんで初めて浜崎あゆみの曲が「いい曲だなぁ」
と思えました。
お金を払っても聴きに行きたいと思いました。
あ、市川さんのリサイタルの方です。

good0 good0

7: 名無しさん 2018年10月08日 09:18:41 ID:0948a721

0

通報する

個人的なイメージですが女性演歌歌手はベテランの方でもJ-POPに対応出来るけど、男性演歌歌手の方はベテランになると対応出来ない方もいらっしゃるような。

good0 good0

8: 名無しさん 2018年10月08日 09:20:41 ID:bc3d4db1

0

通報する

演歌歌手の修行はハンパないし、
売れない時代ってこともあって、
どさまわりの営業で経験も積んでいる。
そりゃうまいよ。

good0 good0

9: 名無しさん 2018年10月08日 09:21:00 ID:4241f63b

0

通報する

今のJ-POPの歌手って基礎のレベルがかなり低いと思う。素人と同じ。対して、プロの演歌歌手で基礎のできてない人なんかいない。好きじゃないけど、演歌歌手の歌は安心して聴ける。

good0 good0

10: 名無しさん 2018年10月08日 09:22:41 ID:ed078289

0

通報する

「夜のヒットスタジオ」のオープニングコーナーで出演歌手が他の出演歌手の歌を歌うメドレーがあった。演歌歌手がポップスやロックをうたい、アイドルやロックシンガーがド演歌を歌わされるのが普通だった。
そもそも歌番組にはジャンル関係なくその時売れていた歌手が総出演していた。

good0 good0

11: 名無しさん 2018年10月08日 09:22:41 ID:ed078289

0

通報する

徳永ゆうきさんの『lemon』
すごかった!!
今でも繰り返し見てます!!
原曲を知らなかった母に
米津玄師さんの「lemon」を聞かせたら
こちらももちろん気に入ってました

good0 good0

12: 名無しさん 2018年10月08日 09:23:41 ID:e757833d

0

通報する

顔や口パクだけで勝負出来るアイドルグループに対しての反論的なメッセージも有るね

good0 good0

13: 名無しさん 2018年10月08日 09:25:41 ID:e20d6c2d

0

通報する

これぞとばかりにビブラートやコブシを効かせるのは、私は嫌いだ。カフェで静かに過ごしたいのに、ひっきりなしに喋る人がいると耳を塞ぎたくなるような感覚。ただ歌が上手いだけで聴くものではないと思うが!

good0 good0

14: 名無しさん 2018年10月08日 09:27:00 ID:ca13eb20

0

通報する

演歌歌手は演歌だけ歌っとけばええねん
演歌は日本のソウル
プライドを持ってほしい

good0 good0

15: 名無しさん 2018年10月08日 09:28:00 ID:55c2ac6c

0

通報する

ザクとは違うのだよ!ザクとは!!

good0 good0

16: 名無しさん 2018年10月08日 09:29:00 ID:6fea324b

0

通報する

徳永さんのlemonを聴いたけど、素晴らしいの一言だった。歌い方ひとつでこうも楽曲のイメージが変わるのかと驚いた。

good0 good0

17: 名無しさん 2018年10月08日 09:29:00 ID:6fea324b

0

通報する

演歌歌手って本当に歌うまいよね、紅白なんかで演歌歌手のあとに歌うアイドルなんて公開処刑みたいだもん。

good0 good0

18: 名無しさん 2018年10月08日 09:30:41 ID:80089809

0

通報する

ベストテンや夜ヒットみたいに POPと演歌の歌手がゴチャまぜな歌番組をやって欲しい。
演歌だけの番組。Jpopだけの番組。これだとファンが偏ってしまう。世代間のギャップを埋めるには必要だと思うが…

good0 good0

19: 名無しさん 2018年10月08日 09:34:00 ID:56b43e7b

0

通報する

演歌ではないですが…。

夜もヒッパレという番組で、尾崎紀世彦さんが歌うミスチルと、影山ヒロノブさんが歌うB'zが大好きでした。

good0 good0

20: 名無しさん 2018年10月08日 09:34:41 ID:6bff6be5

0

通報する

偶然録画されていて、興味本意で見てみたら、歌の上手さに引き込まれて最後まで楽しみました。演歌独特の歌い回しが所々に出て、原曲とは全く味の違うスパイスになって驚いた。
lemonもstoryも素晴らしく、何度も再生しちゃいました。演歌歌手のかたたちの、歌詞に感情と情景を込めて丁寧に歌う姿に、好きな歌がもっと好きになったきがします。
細川さんの絶妙なさよならイェスタディでさらに盛り上がり、また次回に期待しちゃいます。

good0 good0

21: 名無しさん 2018年10月08日 09:36:41 ID:68c72d6f

0

通報する

細川さんのTUBEに圧倒されました。本当に上手い人だとか良い曲が評価されるようになって欲しいです。

good0 good0

22: 名無しさん 2018年10月08日 09:39:00 ID:233e7740

0

通報する

五木ひろしがコンサートでTRY MEを歌ってて、それがCDになってるんだけど、上手いわ五木節効いてるわで笑える。

good0 good0

23: 名無しさん 2018年10月08日 09:41:41 ID:34ffa65c

0

通報する

もうずいぶん前に「エンカのチカラ」って企画CDがあったじゃない。今更…。

good0 good0

24: 名無しさん 2018年10月08日 09:44:41 ID:a289bf5c

0

通報する

興奮しました!上手い人の歌っていいね。確かな技術と歌唱力をお持ちなんで見応え半端なかったです。皆さんとても素晴らしかったです!中でも米津玄師のレモンを歌った徳永ゆうき君は鳥肌立ちました!この特番また見たいです。

good0 good0

25: 名無しさん 2018年10月08日 09:46:41 ID:9266e3e9

0

通報する

当たり前だろ。

good0 good0

26: 名無しさん 2018年10月08日 09:47:00 ID:f5c49a1d

0

通報する

そもそも歌唱力のない人間が、歌手として歌を歌っているのがおかしい。歌唱力はないが他の要素で稼ぐ人には、それにふさわしい名称を付けて、本当に歌唱力のある人だけ歌手と呼んであげて欲しい。

good0 good0

27: 名無しさん 2018年10月08日 09:47:00 ID:f5c49a1d

0

通報する

途中から観たのですが、釘付けになりました。ある演歌歌手のコンサートによき行きますが、1/3はカバーです。
他の演歌歌手の曲の他に80年代のアイドルやフォーク等々。
知らない曲でもとても上手なので楽しいです。
後から誰の歌なのな調べて、YouTubeで観たり録画してハマることもあります。

good0 good0

28: 名無しさん 2018年10月08日 09:50:00 ID:d4fa053c

0

通報する

歯の色が気になって、記事を読む前にコメントしてしまった。

good0 good0

29: 名無しさん 2018年10月08日 09:51:41 ID:08c38828

0

通報する

昔こんなことを言った人がいたな。
今のは歌手ではなくカスと。
現代こそこの言葉がぴったりやわ。その人は演歌大嫌いやったらしいけど。

good0 good0

30: 名無しさん 2018年10月08日 09:53:41 ID:2f2f60d2

0

通報する

久しぶりに見た良い音楽番組

good0 good0

31: 名無しさん 2018年10月08日 09:56:00 ID:a478fd8a

0

通報する

歌が下手でも通用するのは、日本くらいだろ。海を渡った歌手、例えば布施明レベルでもボイトレの基礎からやり直されたらしい。

その日本でも昔はみんな上手かったんだけど、天地真理、浅田美代子あたりから、可愛かったら歌唱力なんてどうでもよくなったんだよ。

good0 good0

32: 名無しさん 2018年10月08日 09:56:00 ID:a478fd8a

0

通報する

番組観てました
皆さん歌が上手くてびっくり!
演歌の方々は本当に歌が上手いと思い知りました
また観たいと思います

good0 good0

33: 名無しさん 2018年10月08日 09:56:41 ID:69f4d238

0

通報する

この記事では演歌歌手の歌唱力をバカにしてたがうたわせたら意外とうまいとでも言ってるのかちょっと失礼な気がした演歌歌手ってプロですからうまいに決まってるし逆にJ-POP歌手が演歌を歌ってるのを聞きたい。

good0 good0

34: 名無しさん 2018年10月08日 09:57:00 ID:fb607385

0

通報する

演歌は歌がメインだから ごまかしがきかない
下手ならそもそも売れないし デビューもできない

good0 good0

35: 名無しさん 2018年10月08日 10:02:41 ID:266a202b

0

通報する

この番組の後から徳永ゆうきが歌った米津玄師のlemonがYouTubeでも評価が高くされ
本家の方も着うたランキングであのDA PUMPを抜いて一位になってた
自分も感動したし
あの番組面白かった

good0 good0

36: 名無しさん 2018年10月08日 10:03:41 ID:6505d830

0

通報する

歌唱力は歌詞が伝わり聞き手を安心させる

good0 good0

37: 名無しさん 2018年10月08日 10:05:41 ID:c7c5ce9a

0

通報する

持ち歌かな?ってくらいの完成度だった

good0 good0

38: 名無しさん 2018年10月08日 10:10:41 ID:e75817f1

0

通報する

「異種」コラボは配信全盛CD不況の今日さらに展開されると思われる。
少し前にレジェンド級J-POPアーティストの有名ドコロの曲を次世代アーティストが歌う「トリビュート」という形態が流行ったが、さらに斜め上を行く、演歌「畑」やジャズ「畑」、クラシック「畑」の歌手が各々の独自のアレンジでカヴァーする音楽番組や配信サービスも発生しうる。
個人的には、ナオト・インティライミはワールドミュージックの影響を多大に受けとおり、カヴァーのノリしろはあると思う。

good0 good0

39: 名無しさん 2018年10月08日 10:15:41 ID:d69c45ab

0

通報する

斬新なやり方でとても良かった。これが演歌と若者、年輩者とJ-POPをつなぐ架け橋になればいい。他の演歌歌手でも歌ってもらいたい。

good0 good0

名前 :
http://geitame.com/